読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

服が必要。

アラフォーになってどんな洋服着たらいいかわからなくなってきました。

まえはかわいいと思ったらなんでもそれなりに着てましたがここにきてアラフォーにはきついのかな?とか明るすぎるかなとか逆に暗すぎるかなとかいろいろ考えるようになりました。

素敵な大人の女性とは程遠いです。

センスもないし。基本、フェミニンな感じは好きじゃなくてVネックにタイトスカートみたいなすっきりした感じが好きです。

ただし三段腹なので(高校生のころからですよ)あまりタイトなものもちょっとね。見苦しい。

 

とりあえず腹筋頑張ります。

やっぱりこうなるか・・・・。

コンスタントに書くことを決意した口先の乾かぬうちにもう3か月以上たってしまいました。

 

さてとこの数か月の間に3年ぶりにネット婚活を再開し、お見合いパーティーで出会った人と数回会っています。

 

ネット婚活でのほうも二人の方とやりとりしています。一人はなかなか強烈な方なので決着がつかない限りここには書けないだろうな・・・・。

 

いまのところお見合いパーティーで出会った人が本命です。なにを上から目線な。たはは。私はちょっと特殊な環境で育っているので結婚相手を探すのが難しくなかばあきらめていましたがなんとかなりそう。でも前のめりにならないようにクールな気持ちで進めていきたいと思います。

 

だけど複数の人と連絡取合うのはしんどい。二股とか三股とかかける男性ってほんとマメなんでしょうね。尋常じゃないマメさが要求されると思います。お金もかかるしね。

 

ボーちゃん。

ぼーっとしてたらもう年末。クリスマスもアラフォー年までもちろんクリボッチ。家族はいますが家庭内にそもそもそんな雰囲気もないので考えるは年末のせわしなさのみ。

 

本日も出社しております。ほのかにブラックなのかも?しかし半ドン(古い)の本日は早めにあがり家族と買い出しに行きます。半ドン言うても掃除に納会であんまり退社時間は変わらんね。

でもなんだかんだ休みは短くても一年で一番休みって感じるのはやっぱりお正月マジックでしょうか。電車も空いてるしいい感じ。

 

それでは皆様、よいお年を・・・・

VIO脱毛その後。

 一部のうわさで光脱毛でハイジニーナは効果薄いって聞いたけどちゃんと抜けてるじゃーん。うれしい。さすがにVIOは無痛とまではいかなかったけど痛いってほどじゃないし全然オッケーだな~。あとは乳輪回りとか足の指毛とかもっと効いてほしいw

 

でも問題は形。難しい。ショーツからはみ出る部分も削ったらやたら小さくなってしまった。あまり小さいと色素沈着が目立つから嫌なんだよね。こんどするときはもっと形考えないとな~

 

足の指毛も太い毛なのにあんまり効いてないんだよな~なぜにしぶといんだ。解せぬ。

月のもの。

みなさま良い週末を過ごされたんでしょうか。

わたくしは家族を連れて温泉に行ってきました。でもね。まんまと月のものと被り

一切入れませんでした。あれだけお願いお願いと願ったのにもかかわらず一番重い日にぶち当たり道すがら具合悪くなったりといろいろでした。たはは。

 

でも家族がリフレッシュできたみたいなので良しとするしかないかな。うん。

 

ごめんなさいね。かわいくなくて。

 前提として私の容姿はがんばるとふつう。がんばらないと路傍の石ころ。

以前「ルックスはいいわけじゃないけどでもすごくいい子だから!」というプッシュのもと友人の弟の友人を紹介してもらったことがあった。

 相手の彼はいかにも女性慣れしてない様子でいわゆる喪男さんなんだろうな~という雰囲気で主に私が会話をリードしていろいろ話していくうちに学生時代欧米に留学していたときの話が出た。

 学校にとってもかわいい同じ日本からの留学生がいてその子のことがかわいくて大好きだったんだとの話をしだした。本当にかわいくてかわいくて・・・と何度も繰り返すんだよね。

 

 最初はふ~んって聞いてたけど途中から何度も出るかわいいって言葉にだんだんとこれ私への当てつけか?とイライラしてきて悪かったね。かわいくなくて。あ?じゃあお前はかっこいいわけ?って思ってきちゃってw

わたしゃ心が狭いんですかね?

結局次も会いたいですっていうので(会いたいんかい!)と思いつつ二回目も会いましたけど結局ダメでしたね。ははは^^;;

 

 

 

 

 

女の子は比べられるのが大嫌いなの。

フカキョン調でお願いします。

 

アラフォー目前にこのままじゃいけない。多少婚活らしいことをするべと思い立った私はちょうどネット婚活で結婚が決まった友人のお姉さんの話を聞き、ならばワタシもと思いとあるサイトの有料会員として1ヶ月限定で活動しました。

そこで三人と会い一回り年上のバツイチ会社員と結婚前提でお付き合いを開始しました。

 

トキメキなんぞはないけどお堅い企業の会社員だしバツイチはまあ仕方ない。贅沢は言えない。なによりもいやじゃないのでお付き合いを開始したわけだけど・・・・・。一回目は面談。二回目は長めのデート。三回目で付き合うことになり4回目のデートで・・・・やつはやらかした。。。

 

やつ「会社のやつに久しぶりに彼女ができたんだよ~って話したらさ、きっと美人だろうとか言い出してさ~」

わたし「へ~。そんでなんて答えたの?」

やつ「別に普通だよって言ったよ」

わたし(まあ、ほんとうにふつうだからね。)

 

ここまではよかった。なんも問題ない。そのあとが・・・・

やつ「俺の前の奥さんがすごい美人でさ~高島礼子に似てたんだよ。そんでさ会社の連中も見たことがあるんだよ。だから今度会社の連中に君を紹介するときハードルあげられたくないだろ?」とのたまったのだ。

 

カチンときたさ。でもその場は流した。後日家族にこの話をしたら思ったよりも怒ってしまいちょっ収拾つかなくなってしまったぐらい(特に母親)そうだよね。何もこんなこという男と結婚させるためこんな年になるまでのんびりさせてたわけじゃないもんね。このことが原因じゃないんだけど結局は半年で別れてしまった。今考えるとなんでこんないい年こいておバカな人と結婚しようと思ったんだろう。あ、わたしもいい年こいて精神が未熟だからか。

 

うん。ノリツッコミ。